counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かの残骸

メモです。

デッド・サイレンス

映画

SAW(1作目)の監督・脚本コンビが作った映画っていうからはりきって見に行ったら、全然SAW系統ちゃうやんけっていう。
SAWみたいな、犯人が人間のサイコスリラーとかグロは全然平気なんだけど、これオカルトでした。無理。オカルト嫌いな人は見ない方がいい。
平たく言えば、犯人の怨念で人形が・・・ってヤツなんだけど、人形きもい。なんかCG使って貞子的な怖さを感じるシーンもあるし。まあそのシーン見てないけど。目瞑ってたから。
あと、内容は全然ない。
しかし刑事さんが良かった。おいしい役どころ。
つーかローゼンメイデンも実在したらこんな感じだよね。呪い人形。真紅ヲタはこの映画を見て現実を見つめればいいと思う。でも銀様になら追いかけられてもいいというか追いかけられたい。そういえばヤンジャン買うの忘れてた。単行本派でいいやもう。