counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かの残骸

メモです。

Killers@新木場STUDIO COAST 2013.10.08.&ディファ有明 2013.10.09.

セットリスト。

新木場STUDIO COAST 2013.10.08.
http://www.setlist.fm/setlist/the-killers/2013/shinkiba-studio-coast-tokyo-japan-53c73f19.html

  1. Mr. Brightside
  2. Spaceman
  3. The Way It Was
  4. Smile Like You Mean It
  5. Bling (Confession of a King) (with "Human" piano intro)
  6. Shadowplay (Joy Division cover)
  7. Human
  8. Somebody Told Me
  9. For Reasons Unknown
  10. From Here On Out
  11. A Dustland Fairytale
  12. Read My Mind
  13. Runaways
  14. All These Things That I've Done
    Encore:
  15. Jenny Was a Friend of Mine
  16. When You Were Young

ディファ有明 2013.10.09.
http://www.setlist.fm/setlist/the-killers/2013/differ-ariake-tokyo-japan-13c7c101.html

  1. Spaceman
  2. Somebody Told Me
  3. Under the Gun
  4. The Way It Was
  5. Smile Like You Mean It
  6. Prize Fighter
  7. Bling (Confession of a King)
  8. Shadowplay (Joy Division cover)
  9. Human
  10. For Reasons Unknown
  11. From Here On Out
  12. A Dustland Fairytale
  13. Read My Mind
  14. Runaways
  15. All These Things That I've Done
    Encore:
  16. This Is Your Life
  17. Battle Born
  18. When You Were Young
  19. Mr. Brightside

以下、ライブの感想と自分語り。
Killers、本物のライブバンドだったわ。私が男だったらブランドンに求婚してたわやばかったわ。
Killersの後、2つほどライブに行ってどちらも凄く良かったんだけど、Killersの余韻がきっちり落ち着いてから行きたかったなー、と思う。もーそれくらいKillersのライブが良すぎて! 別の日のライブすら飲み込んじゃうくらいに。そして今現在もまだ余韻を引きずってしまっている。これ書いてる今も思い出してぐへへ、ってなるきもい。今週末も1つ楽しみにしてるライブがあるんだけど、それもできれば違う時期に行きたかったな。
私は一応Killersの通常のアルバムは全部持っていて、代表的な曲のサビなら怪しい英語で歌える程度の軽めのファンだったんだけど、今回のライブで完全に好きになっちゃったよ。今回の来日が初ライブで、それまでYoutubeとかで配信されてるライブの動画はいくつか観てたけど、やっぱりライブって行ってなんぼだよなってつくづく思った。自分が行ったライブの動画やライブビデオだと、その時の事思い出してワクワクするけど、動画観てるだけだと会場の空気感って分からないもん。そりゃ遠く海外のライブは行けないから、配信してくれるだけでありがたいんだけれども。
今回は、軽めのファン度だったのと、同じ週にADFのライブもあったのとで、さすがに週3で早退はできないなと思って2日目だけチケットを取っていた。初日のセットリストを見て、自信のない合唱曲を一夜漬けで覚えようという目論見でw これがめちゃくちゃ好きなバンドだったら、何日早退する事になろうと行くけど。結果的にコーストのライブがあまりに素晴らしくて、コースト終わった時にはもうディファ行くって決めてたんだけれども。
しかし、Killersはやむを得ない事情はあったにしても、2009年のフジロックキャンセル、2010年の単独ドタキャンと立て続けに来日キャンセルで正直印象があまりよくなくて、しかも今回も初日当日の昼過ぎに突然のキャンセル(水曜日に振り替え公演)の告知。Twitter流し見しただけでも地方からの参戦組の人とかいたし、私の知人にも仕事の都合つけてどうにか月曜だけ行く予定だった人がいたので、もういい加減にしろよお前らって思ってしまった。チケットの売れ行きがあまり芳しくないようだったから、体調がどうのこうのってより主催側の都合なんじゃないの?とかも思っちゃったりして。
それでも好きなバンドではあるから、好きな気持ちと疑心暗鬼な悶々した気持ちが入り混じった感じで、火曜日は会場に向かった。でも、もう会場に入ったら、場内はKillersのライブが待ち遠しい空気で溢れ返ってて、私も純粋にライブ楽しもうって気持ちになれた。そしてライブが始まって、1曲目のMr. Brightsideの破壊力がもう。音が鳴った瞬間に、この数年の悶々した気持ちがきれいさっぱり全部吹き飛んじゃった。なにせ、サビ以外も歌えるくらい、Killersの曲の中で一番好きな曲だから。なんだかよく分からないけど、私も歌に入る前にテンション吹っ切れちゃって。歌が始まってブランドンの歌声がもう、演奏ももちろん、なんて言っていいのか分からないけど、もうすっごいんだよ。とにかくエネルギッシュで。この極東のちっぽけな島国のこんな小さな会場でライブしてくれてほんとありがとうって思ったわ。
初日はちょっと後ろの方だったからメンバーの顔とかは時々しか見えなかったけど、チラ見できたときも凄く楽しそうにプレイしてたし、演奏からも歌声からもあふれ出るパワーがもうほんとすっごい。ディファのときはお客さんの人数自体が少なかったから、かなり前に行けたけど、やっぱり凄くにこにこして歌ってたなあ、ブランドン。もうあの笑顔見ちゃったら全部許しちゃうよ。しつこいけど私、キャンセルは相当根に持ってたから。軽めのファンのくせにw
Read My Mindではファンの人のコスプレガチャさんをステージに上げてたりして。コーストとディファ、両日ガチャさんいたけど、ディファは1匹増えてたw 2人いるなら1人は赤モップさんやればよかったのにですぞ。次の来日では会場ガチャさんで溢れ返ってたりしないよね・・・?
2日目はUnder the GunとかBattle Bornとか他にも初日やらなかった曲やってくれて、数曲とはいえセトリも変えてくれたのも嬉しかったなあ。どっちも好きな曲だし。人数少なかったせいか、ディファはコーストより緩めの空気でリラックスしてライブやってるのが伝わってきて、ばっちりキメた初日との対比が面白かった。初日の最初は、Killersの面々もオーディエンスもお互いドギマギしてた気がする。喧嘩してたカップルが久しぶりに会う事になった時のような。MCでも、6年も待たせちゃってごめんね、とか言ってた(ディファでは近くに連れの人にMC訳してる人がいたのでありがたかった・・・)。
ちょっと過去のニュース記事あさってたら、ブランドン飛行機恐怖症なのね。
The Killers : ザ・キラーズのブランドン、飛行機恐怖症を語る / BARKSニュース
今は克服できたのか知らないけど、私も飛行機怖いから分かるわ・・・。もし、次の来日が実現するなら、余裕持ったスケジュールで無理しないで来て欲しい。イベンターもこれに懲りずにまた呼んでおくれ。ライブは物凄くいいので。
今回はほんとクリマンの人お疲れ様でした、だよなー。結局サマソニフラグだったのかどうか、ちょびっとだけ期待して年明けのサマソニ情報待つとします。