counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かの残骸

メモです。

Sellerシリーズ

 

Mystery Seller (新潮文庫)

Mystery Seller (新潮文庫)

 

Story Sellerがひとまず3冊で終了してしまって残念だったけど、いつの間にか新しいシリーズが出ていたみたい。これ以外に、ファンタジーのと、Story Sellerの4冊目も出ているらしいのでいずれ。

今作はミステリーという事でちょっと様子見したくて図書館で借りた。作家買いするほど好きな人が2人以上書いてらっしゃれば買ってたけれども、今回は米澤先生だけだったので。それ以外の方で好きな作家さんもいるけど、作品によるところが大きくて。

やっぱりミステリー括りって難しいよなあ。作中でも登場人物が言ってるけど、ミステリーの定義が人によって大きく違っているから。ミステリーでやるなら、がっちりカテゴリを絞った方がよかったかも。

私はトリック主体のよりも、心理的なミステリーが好きだから、ちょっとこの本は全体的には買って手元に置いておきたい程ではなかった。好きな作家さんのはいずれ短編集に収録されるだろうから、そっち買えばいいやって思うし。

この本の中では、米澤さん、我孫子さん、竹本さんのが面白かった。米澤さんのはやはり読後感が悪くて良かったし(そこが好きなので)、我孫子さんのは事件本編の最後の1行に驚かされた。

竹本さんは読者の思考の誘導がうまいなーって思ったけど、もっと凄い真相があるのかと勘繰っていたのでちょっと物足りなさもあった。読んだ事ない作家さんだけど、長編の方も読んでみたい。