counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かの残骸

メモです。

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

有川作品では久々にすっきり読めたなあ。
どうも作品を重ねるごとに、作者の思いが剥き出しで物語に反映される傾向が強くなってきているように感じていて、だんだん苦手な作家になりつつあった。登場人物が作者に喋らされている感じが強かったと言うか・・・登場人物が物語の中に生きているんじゃなくて、作者に動かされているように見えてしまって。
この作品は読んでいてそういった感覚がなかったように思う。メインの設定と物語の冒頭が他の人の手によって存在していて、それを元に描かれたものだからかもしれないけど。
身構えて読んじゃったから、純粋に物語そのものを味わう事はできなかったけど、読む前に戻れるなら物語だけに向き合って読みたい。
バッドエンドではないけど、悲しさも残る良作だと思います。